湘南バレエコンペティション

バレエ留学のお話③ 留学準備について

2015年05月24日

留学Q&Aは今回がラストです!

Q:留学にはどのような準備が必要でしょうか?

A:生活していくためには語学力は最低でも英語、出来たらフランス語も日常会話程度は学んでから渡航すべきです。

こちらでは、しゃべらずもじもじは誰からも相手にされません。
コミュニケーション能力に加え、自炊能力も必要です。

フランスは小さな子供の頃から自立心があるか?自立できているか?自分のことは自分で出来るか?ということが非常に大事にされています。

過去にホームステイで預かった日本人留学生は16歳でしたが、全く自立しておらず、炊事、定期を買う、語学学校の手続、買い物等を「辞書をもってきていないのでフランス語わからないし、バレエだけしたいから全部やって!」という状況でした。

海外で生活するにはそれなりの心構えが必要です。すべて人任せでは成長することは出来ません。それはバレエにおいても日常生活においても同じことなのです。


 ・・・ 今回はなかなか厳しいお話でしたが、夢を叶えるにはしっかりと現実と向き合わなくてはいけないことをあらためて教えて頂いた気がいたします。

次回からは審査員のプロフィールをご紹介していきます。

 

写真は昨年のオーディション風景

お知らせ一覧へ戻る